高性能リチウムイオン電池で省エネルギーに貢献します。
業種:製造(電気・電子) 製造(金属・化学) 製造(その他)
職種:
地域:相模原市 中央区
お気に入り登録

先輩の声ページ

名前 太田 晋
所属部署 技術開発部 電極プロセス開発G
卒業学部 理工学部 精密機械工学科 卒



今どんな仕事をやっていますか?
新製品の電極製造設備のプロセス開発を行っています!
私の仕事は、量産前の試作・評価を行いながら、最適な製造プロセスを開発する事です。具体的には、試作・評価で得たデータを蓄積し、それを各部署にフィードバックしながら、量産に向けて最適な条件や設備、工程を設計します。
時には設備メーカーに行き、別手法を取り入れる為の評価を行いますし、量産設備を借用しての試作もあります。ですので、仕事を行うに当たり、関係部署との調整やコミュニケーション力が必要とされます。特に新規設備導入の際は、協力会社に要望をうまく伝えて、コストミニマムで作るなど折衝力も求められます。携わる人は多いですが、打ち合わせを繰り返し、スムーズに仕事が進むよう心掛けています。
当社工場の規模は非常に大きく、自身が設計したプロセスで量産される事に責任は感じますがやりがいも感じる毎日です。
仕事のやりがいを感じる点は?
試作設備を繰り返し評価し、量産に適用できたこと!
2009年に現事業所に転勤になった時、電極の量産設備の立上げに携わりました。急激な増産が求められていたので、効率的な生産が必要不可欠でした。そこで現状工程の見直しを行い、社内整合の結果、工程分離の為の新設備導入になりました。
製品は現状特性以上のものを作らなくてはならず、小型設備評価・設備仕様決めや社内審査で大変苦労しました。しかし、都度都度、上司や先輩方から助言をもらいながら、なんとか量産化に至る事ができました。量産化となっても設備トラブル対処等で当初は気が抜けませんでしたが、達成感を感じました。
私は今まで設備の設計や改造を行っており、ライン構築はこの仕事が初めてでした。この仕事を通して、ラインのレイアウトや安全設計は勿論、チームワークの大切さを学びました。
この会社を選んだ理由は?
機械系知識が活かせる&世界最大級の製造ラインを目標としているという点!
今でこそ、日産自動車の電気自動車リーフにも使用されている電極の製造を担っている当社。ですが、私がグループ会社から移籍した2009年当時、設備はほとんどありませんでした。このような設備の立ち上げから携われる事は滅多にないですし、更に世界最大級の電極生産工場を目指しているという点も一緒に挑戦していきたいと思いました。
また学生時代は機械系専攻で、前職が設備設計や製品設計でしたので、量産設備ラインのゼロから構築に自身の知識が貢献できるのではとも考えました。実際、製図・CAD・材料の知識など幅広い知識が求められる仕事ですので、今まで学んできた事や経験が活かせています

   

お気に入り登録

NECエナジーデバイス株式会社
高性能リチウムイオン電池で省エネルギーに貢献します。


先輩の声ページ

名前 : 太田 晋
所属部署 : 技術開発部 電極プロセス開発G
卒業学部 : 理工学部 精密機械工学科 卒


今どんな仕事をやっていますか?
新製品の電極製造設備のプロセス開発を行っています!
私の仕事は、量産前の試作・評価を行いながら、最適な製造プロセスを開発する事です。具体的には、試作・評価で得たデータを蓄積し、それを各部署にフィードバックしながら、量産に向けて最適な条件や設備、工程を設計します。
時には設備メーカーに行き、別手法を取り入れる為の評価を行いますし、量産設備を借用しての試作もあります。ですので、仕事を行うに当たり、関係部署との調整やコミュニケーション力が必要とされます。特に新規設備導入の際は、協力会社に要望をうまく伝えて、コストミニマムで作るなど折衝力も求められます。携わる人は多いですが、打ち合わせを繰り返し、スムーズに仕事が進むよう心掛けています。
当社工場の規模は非常に大きく、自身が設計したプロセスで量産される事に責任は感じますがやりがいも感じる毎日です。

仕事のやりがいを感じる点は?
試作設備を繰り返し評価し、量産に適用できたこと!
2009年に現事業所に転勤になった時、電極の量産設備の立上げに携わりました。急激な増産が求められていたので、効率的な生産が必要不可欠でした。そこで現状工程の見直しを行い、社内整合の結果、工程分離の為の新設備導入になりました。
製品は現状特性以上のものを作らなくてはならず、小型設備評価・設備仕様決めや社内審査で大変苦労しました。しかし、都度都度、上司や先輩方から助言をもらいながら、なんとか量産化に至る事ができました。量産化となっても設備トラブル対処等で当初は気が抜けませんでしたが、達成感を感じました。
私は今まで設備の設計や改造を行っており、ライン構築はこの仕事が初めてでした。この仕事を通して、ラインのレイアウトや安全設計は勿論、チームワークの大切さを学びました。

この会社を選んだ理由は?
機械系知識が活かせる&世界最大級の製造ラインを目標としているという点!
今でこそ、日産自動車の電気自動車リーフにも使用されている電極の製造を担っている当社。ですが、私がグループ会社から移籍した2009年当時、設備はほとんどありませんでした。このような設備の立ち上げから携われる事は滅多にないですし、更に世界最大級の電極生産工場を目指しているという点も一緒に挑戦していきたいと思いました。
また学生時代は機械系専攻で、前職が設備設計や製品設計でしたので、量産設備ラインのゼロから構築に自身の知識が貢献できるのではとも考えました。実際、製図・CAD・材料の知識など幅広い知識が求められる仕事ですので、今まで学んできた事や経験が活かせています


   

ページトップに戻る