「好きこそMONOの上手なれ」長年培った技術と信頼と実績をもとに多彩な事業にチャレンジしています。
業種:製造(電気・電子) ソフトウェア・IT
職種:技術・研究
地域:相模原市 南区 相模原市 中央区 相模原市 緑区
お気に入り登録

先輩の声ページ

名前 森田 真愛
所属部署 企画品事業部 営業課
入社年 2019 年
卒業学部 龍谷大学 国際学部 国際文化学科



今どんな仕事をやっていますか?
私はマイクロ波プラズマ装置の販売活動を国内、国外で行っています。
業務内容は様々です。
具体的に、お客様から頂いたお問い合わせ内容をメールや電話にて相談に乗ったり、展示会に行って自分たちの会社をより多くの人に知ってもらう活動をしたり、お客様にプレゼンテーションを実施して、自分たちが何をしている会社かアピールしたり等が挙げられます。
営業担当だけでは答えられない質問もたくさんあるので、他の課の方にもいつも相談に乗ってもらっています。
社内でも社外でも、たくさんの人たちとお話しできるので、とても楽しいです!
仕事のやりがいを感じる点は?
仕事内容の方でも書きましたが、私の仕事は1人で成り立つものではなく、社内でも社外でもたくさんの方々とコミュニケーションを取る必要があります。
その会話の中には、装置の知識以外にも、自分が持っていない考え方だったり、言い方だったり、表現の仕方だったり、学べることがたくさんあります。
このような、自分が今まで持っていなかったものを発見して、自分のものにしていく過程がとても楽しいと感じるし、自分のものに出来た時は達成感を感じられます。
学生へのメッセージ
私が就職活動の時に会社選びの軸にしていた事は「職場の雰囲気」です。
私はどんなに給料が低くて、労働時間が長い会社でも、そこで働いている人達と、真剣に仕事を楽しめていたら働いていけると今でも思っています。
挨拶もしない、会話もない会社では働けないなと感じています。
会社説明会は、一瞬でその会社の雰囲気を感じ取ることができます。
「業界を絞れない」、「やりたいことがない」という方もたくさんいらっしゃると思います。けれど、まずは会社説明会に行ってみるべきです。
参加すればするほど、自分がどんな雰囲気の会社に勤めていきたいかというイメージができてくると思います。そのイメージにニッシンが合ったらとても嬉しいです。
就職活動妥協せず頑張ってください!!

   
名前 井上 奨
所属部署 技術部 開発課
入社年 2014 年
卒業学部 大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科



今どんな仕事をやっていますか?
私は開発課の研究Gで電源の設計・開発を担当しております。
具体的には基板設計、トランス設計、回路設計など、製品の電気に関する部分の設計や、評価試験をしています。
仕事のやりがいを感じる点は?
ものづくりするにはたくさんのルールがあります。ルール一つ一つに意味があり、そこがわかると面白いです。例えば、基板設計するには、部品配置、パターン幅、パターン同士の間隙が重要になります。これらでどこかのルールを無視すれば、性能が出なかったり、短絡を起こしたり、最悪パターンが燃えてしまう可能性もあります。
そうしたルールを守り、完成した基板には感動があります。
学生へのメッセージ
就職活動は「自分と向き合う」ことがすごく大事で、良いところだけではなく、悪いところとも向き合わなければなりません。これはなかなか辛いです。
でも、そんな経験はみんなやってます。自分だけじゃないと思い、前を向いていれば、きっと自分に合った会社に出会えると思います。
そして、その会社が弊社であれば、一緒に頑張って行きましょう!

   
名前 城 万喜
所属部署 企画品事業部 プロセス開発課
入社年 2012 年
卒業学部 関西大学 法学部 法学政治学科



今どんな仕事をやっていますか?
自社ブランドであるマイクロ波プラズマ装置のプロセス開発をおこなっています。「開発」というと難しく感じるかもしれませんが、私は「お客様と社内の声を聴く仕事」だと思っています。
私の所属課の業務は、最初の問合せ対応、訪問打合せ、実験・最適条件の開発、提案、装置化検討、納品のための検査と多岐に渡ります。ですが、そのどれを取っても、お客様の望みを理解して社内に伝え、ニッシンとして最善を尽くすことが根底にあると思っています。
これが根っこだからこそ、文系出身者の私でも、技術職として何とかついて行っているのかもしれません。
仕事のやりがいを感じる点は?
中小企業だからこその多能工化。そこが面白い点です。初期対応から納品まで案件全体に関わるため、企画・営業・開発・品証と様々な視点をもって仕事を進めることになります。装置で実験・検査をしている日があれば、展示会のパネルをデザインしている日もあります(学生時代は美術部でした)。
法学部出身者として法務関連にも携わっているため、お客様との契約内容を精査することもあります。もちろん全部署、全社員がそうではないですが(一つを極める方もいます)、大企業のように細分化されておらず、場面場面で自分の色を出して仕事ができるのは、やりがいを感じます。
学生へのメッセージ
自分自身の中に “核”を持ってください。どんな会社の選考に行っても、ブレない一本筋です。性格、大切にしていること、やりたいこと、なんでも良いです。
面接では、その1つの“核”だけ伝えられれば、100点満点です。面接官もただの人。3つも4つも覚えられません。1つだけ全力でぶつけてください。
ただ、全力で伝えきったにも関わらず、それでも選考に漏れることはあります。
その場合は悩まないでください。単に、会社の方針と、自分の方向性が違っただけです。
両者のベクトルが異なるのに、その会社で働くのは、苦しいことだと思います。
私自身は、「落とされてラッキー」と思うことにしてました。
自分なりに楽しいポイントを見つけて、気長に進めていってください。

   

お気に入り登録

株式会社ニッシン
「好きこそMONOの上手なれ」長年培った技術と信頼と実績をもとに多彩な事業にチャレンジしています。


先輩の声ページ

名前 : 森田 真愛
所属部署 : 企画品事業部 営業課
入社年 : 2019 年
卒業学部 : 龍谷大学 国際学部 国際文化学科


今どんな仕事をやっていますか?
私はマイクロ波プラズマ装置の販売活動を国内、国外で行っています。
業務内容は様々です。
具体的に、お客様から頂いたお問い合わせ内容をメールや電話にて相談に乗ったり、展示会に行って自分たちの会社をより多くの人に知ってもらう活動をしたり、お客様にプレゼンテーションを実施して、自分たちが何をしている会社かアピールしたり等が挙げられます。
営業担当だけでは答えられない質問もたくさんあるので、他の課の方にもいつも相談に乗ってもらっています。
社内でも社外でも、たくさんの人たちとお話しできるので、とても楽しいです!

仕事のやりがいを感じる点は?
仕事内容の方でも書きましたが、私の仕事は1人で成り立つものではなく、社内でも社外でもたくさんの方々とコミュニケーションを取る必要があります。
その会話の中には、装置の知識以外にも、自分が持っていない考え方だったり、言い方だったり、表現の仕方だったり、学べることがたくさんあります。
このような、自分が今まで持っていなかったものを発見して、自分のものにしていく過程がとても楽しいと感じるし、自分のものに出来た時は達成感を感じられます。

学生へのメッセージ
私が就職活動の時に会社選びの軸にしていた事は「職場の雰囲気」です。
私はどんなに給料が低くて、労働時間が長い会社でも、そこで働いている人達と、真剣に仕事を楽しめていたら働いていけると今でも思っています。
挨拶もしない、会話もない会社では働けないなと感じています。
会社説明会は、一瞬でその会社の雰囲気を感じ取ることができます。
「業界を絞れない」、「やりたいことがない」という方もたくさんいらっしゃると思います。けれど、まずは会社説明会に行ってみるべきです。
参加すればするほど、自分がどんな雰囲気の会社に勤めていきたいかというイメージができてくると思います。そのイメージにニッシンが合ったらとても嬉しいです。
就職活動妥協せず頑張ってください!!


   
名前 : 井上 奨
所属部署 : 技術部 開発課
入社年 : 2014 年
卒業学部 : 大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科


今どんな仕事をやっていますか?
私は開発課の研究Gで電源の設計・開発を担当しております。
具体的には基板設計、トランス設計、回路設計など、製品の電気に関する部分の設計や、評価試験をしています。

仕事のやりがいを感じる点は?
ものづくりするにはたくさんのルールがあります。ルール一つ一つに意味があり、そこがわかると面白いです。例えば、基板設計するには、部品配置、パターン幅、パターン同士の間隙が重要になります。これらでどこかのルールを無視すれば、性能が出なかったり、短絡を起こしたり、最悪パターンが燃えてしまう可能性もあります。
そうしたルールを守り、完成した基板には感動があります。

学生へのメッセージ
就職活動は「自分と向き合う」ことがすごく大事で、良いところだけではなく、悪いところとも向き合わなければなりません。これはなかなか辛いです。
でも、そんな経験はみんなやってます。自分だけじゃないと思い、前を向いていれば、きっと自分に合った会社に出会えると思います。
そして、その会社が弊社であれば、一緒に頑張って行きましょう!


   
名前 : 城 万喜
所属部署 : 企画品事業部 プロセス開発課
入社年 : 2012 年
卒業学部 : 関西大学 法学部 法学政治学科


今どんな仕事をやっていますか?
自社ブランドであるマイクロ波プラズマ装置のプロセス開発をおこなっています。「開発」というと難しく感じるかもしれませんが、私は「お客様と社内の声を聴く仕事」だと思っています。
私の所属課の業務は、最初の問合せ対応、訪問打合せ、実験・最適条件の開発、提案、装置化検討、納品のための検査と多岐に渡ります。ですが、そのどれを取っても、お客様の望みを理解して社内に伝え、ニッシンとして最善を尽くすことが根底にあると思っています。
これが根っこだからこそ、文系出身者の私でも、技術職として何とかついて行っているのかもしれません。

仕事のやりがいを感じる点は?
中小企業だからこその多能工化。そこが面白い点です。初期対応から納品まで案件全体に関わるため、企画・営業・開発・品証と様々な視点をもって仕事を進めることになります。装置で実験・検査をしている日があれば、展示会のパネルをデザインしている日もあります(学生時代は美術部でした)。
法学部出身者として法務関連にも携わっているため、お客様との契約内容を精査することもあります。もちろん全部署、全社員がそうではないですが(一つを極める方もいます)、大企業のように細分化されておらず、場面場面で自分の色を出して仕事ができるのは、やりがいを感じます。

学生へのメッセージ
自分自身の中に “核”を持ってください。どんな会社の選考に行っても、ブレない一本筋です。性格、大切にしていること、やりたいこと、なんでも良いです。
面接では、その1つの“核”だけ伝えられれば、100点満点です。面接官もただの人。3つも4つも覚えられません。1つだけ全力でぶつけてください。
ただ、全力で伝えきったにも関わらず、それでも選考に漏れることはあります。
その場合は悩まないでください。単に、会社の方針と、自分の方向性が違っただけです。
両者のベクトルが異なるのに、その会社で働くのは、苦しいことだと思います。
私自身は、「落とされてラッキー」と思うことにしてました。
自分なりに楽しいポイントを見つけて、気長に進めていってください。


   

ページトップに戻る